数年前に、パソコン修理の業者さんに来てもらったことがあります。大学時代の友人にもらったパソコンが、電源スイッチを入れても起動せず、最初のうちはリセットボタンと同時押しなどすればかろうじて動いてたのでだましだましやっていたのですが、やがてどれだけやっても唸るだけで起動しなくなりました。仕方なく、携帯電話のインターネットで、すぐに来てくれるパソコン修理の業者さんにお願いしました。たまたま近くに人がいたそうで、電話したその日のうちに来てくれました。確か夜の九時近くだったと思います。最初にとりあえず診断料として8000円、その後作業次第でいくらかかかるという話をされました。とにかく症状をみてもらうしかないのでお願いすると、そのパソコンが電気街でパーツを買って作られた自作のもので、その基盤が壊れているので、買い換えたほうが早いということでした。

パソコン修理業者のアドバイス

一度だけ、パソコン修理の業者さんにお願いしたことがあります。数年前の冬のことです。友人の知人でパソコンに詳しい人が作ったというパソコンの電源が起動しなくなったのです。自分ではなんとも出来なくなったので、携帯電話のインターネットで調べて、いくつかのパソコン修理業者さんに連絡して調べたところ、だいたいどこも初診料として8~9000円がかかるとのことで、それ以降なんらかの作業が発生した場合に追加料金ということでした。とりあえずすぐ来てくれるところにお願いしたところ、優しそうなお兄さんがきました。30分ほどの診断で、基盤が壊れていること、基盤が電気街で買われた特殊な型で、修理できなくはないが、型が古いので取り寄せに時間がかかり、またそれを使って修理すると経費が5~6万円かかるということでした。それなら新品で安いのを買う方がいいので、修理はお断りしました。

パソコン修理の事前に、確認しておきたいこと

何度やってもなかなか再起動しないので、パソコンの故障だと思い修理などへ出してみたら実は自分自身のパソコン本体の操作や機能についての知識不足で単なるセットアップのミス、自宅や仕事先での場所自体による電波状態が実際には原因だったり、挙げ句の果てには修理の必要が無いのに診断料だけで法外な額での料金を取られたり等々…この記事を読まれているみなさんもきっと、こういった経験などはおありだと思います(実は私も以前ありました)。修理に出す前に、もう一度周辺機器の状態や普段パソコンをよく置いたり操作をしたりする場所、電波状態の確認などをしっかりと把握してみましょう。最近は自分でもポケットや鞄などに入れて持ち運びが可能なWi-Fiルーターとかがありますが、それ自体による電波の受信状態なども確認しておく必要があります。パソコン修理へ出す前の以上述べさせて頂いた確認は大変重要です。